フィリピンに留学をお考えの方必見!サイト徹底比較

HOME > フィリピンの留学について > フィリピンへの留学は日本人に注意する

フィリピンへの留学は日本人に注意する

 英語をどんどん話せるようになりたいなら、英語を話す人とコミュニケーションをとるのが早道です。英語を話すには、英語を聞いて理解し、それに対する答えを相手が分かるように話さなくてはいけません。最初からはどちらも無理で、聞き取れませんし、相手にも理解してもらえません。でも、数をこなせば少しずつできるようになります。日本で行うには、英会話教室が手軽でしょう。駅前などに多く教室があり、自宅でもネイティブと話せる仕組みも用意されています。ただ、日本では英語で話せる量が限られています。よりたくさんの英語を話したいのであれば、フィリピンへの留学をしてみましょう。今は多くの語学学校があり、日本から学ぼうと行く人が多くなっています。飛行機での移動もそれほどかかりません。渡航費も安く済ませられます。

 ではどんな学校を選べばよいかです。日本人が運営する学校もあり、その学校なら現地に日本人のスタッフもいます。日本人のスタッフがいたら日本人ならどうするかです。当然コミュニケーションが取りやすい日本語で会話するでしょう。何のために来たのかを考えると、必ずしもいいとは言えません。日本人を見ると安心できますし、英語から解放されてホッとする気持ちも出ます。でもこれが英語を上達させようとする人にはあまり都合がよくありません。英語で聞かないといけない、英語で話さないといけないとのプレッシャーがある方が、より学べます。日本人スタッフの多いところもいいですが、あまりこだわらない方がいいでしょう。現地のスタッフしかいない学校でも簡単な日本語にはタオうしてくれます。英語が苦手でも、それを知ってミュニケーションしてくれます。

 世界的にも人気のある地域になっているので、いろいろな国から留学しようとする人が来ます。アジアなら中国や韓国の人も多くいるかもしれません。そして日本人も多くいます。学校によって日本人比率の多いところがあります。日本人が運営しているところはおのずと多くなります。日本人と会えばどうするかですが、スタッフと同じで日本語で会話をするでしょう。せっかく昼間にレッスンで英語を話しても、レッスン後に遊びに行くときに日本語で話しては効果が半減してしまうかもしれません。せっかくなら現地で他国の人と有人になり、英語で遊べるぐらいの気持ちが必要です。日本人が多いところを選ぶのではなく、いろいろな国の人を受け入れているところを選ぶようにしましょう。部屋は2人部屋などがありますが、自習しやすいのは一人部屋です。

カテゴリ

PAGE TOP