フィリピンに留学をお考えの方必見!サイト徹底比較

HOME > フィリピンの留学について > フィリピンの留学では慣れる以外も学ぶ

フィリピンの留学では慣れる以外も学ぶ

 日本人は日本語を聞いて生活をしています。子供のころから聞いているので、外国人にとって難しいとされる日本語を操ることができます。しかし他の言葉は聞いていないので慣れていません。中学から英語の学習が始まりますが、この学習で英語に慣れるのは無理でしょう。今行われている中学英語や高校英語は、基礎的な文法と基礎的な単語を頭に入れる学習です。ですから、きちんと履修をした人でも英会話ができるレベルにはなりません。最近は入試でリスニングがあるために、リスニングの訓練が授業などで行われています。少しはリスニングに対応できる人はいるようですが、自分で表現できる人は少ないとされます。入試では長文の読解などが中心になり、英作文などはあまり出題されません。自分で話すなら英作文が必要でしょう。

 英会話をしっかり学ぶためには、フィリピンに留学すると良いかもしれません。身近にある英語圏として注目されていて、日本人が運営している現地の学校も多くあります。日本から申し込み、現地に行っても日本人スタッフなどと話ができます。安心して学べる環境があります。レッスンスタイルはいろいろありますが、マンツーマンクラストグループクラスがあるようです。マンツーマンでは、現地の講師ととにかく英語でコミュニケーションをします。受講生のレベルに合わせて話してくれるので、しばらくするとコミュニケーションが取れるようになります。聞き取りができるようになり、自分で英作文をして表現もできるようになります。しっかり英語が学べたので、TOEICも高得点になっていると感じますが、意外に伸びない人がいます。

 現地は、とにかく1日中英語での話ができます。そのため英語には慣れられます。ではそれで英語が身につくかですが、慣れると身につくは異なります。このままずっとこちらにいれば、慣れるから身につくに移行できるでしょうが、それほど長く滞在するわけではありません。単に慣れただけで帰国すると、TOEICではあまり点数が上っていないことが分かります。TOEICでは、幅広い英語表現の理解や聞き取りが必要ですが、慣れただけだとその能力アップにつながっていません。TOEICで高得点が取れるようになるには、レッスン以外にも自分で色々な表現を学ぶ努力が必要です。テキストなどがあるなら、それぞ事前にきちんと読み込んで、それを踏まえたうえでレッスンを受けるようにします。すると、慣れるだけでなく、身につけられます。身につくと簡単には忘れません。さらに他の応用もできるようになるので、TOEICの点数アップが期待できます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP